末期がんの“看取(みと)り医師” 死までの450日

住職であり医師でもある田中さんは、1000人以上の方の
最期を看取ってきた方で、DNR(蘇生措置拒否)を望む患者には、その意思を尊重されてきた。その田中さんが膵臓がんのステージ4であることが発覚し、亡くなられるまでの450日間を取材したドキュメンタリーだった。

田中さんもやはりDNRであり、最期は痛みを和らげる薬と睡眠薬で眠りながら死ぬことを望んでいた。医師でもある妻はそれを重々承知していた。

田中さんは、意識が混濁し始める。うわ言のように妻の名前を呼び続け「お願いします、お願いします」と懇願する。それはおそらく、痛み止めと睡眠薬を打って欲しいからだろう。妻は、躊躇する。それを投薬するということは、もう会話もできないままお別れになってしまうからだ。娘も「もういいんじゃない」と言っても、それでも投薬しなかった。

田中さんは意識が混濁し、体がふらつきながらも、妻の名前を呼び、そして抱きついて離れない。人までは手さえも繋ごうとはしなかった人が。しかし、やがて、田中さんは痛みを堪えきれず暴れるようになって初めて、妻は投薬した。

それでもだ。妻は諦めきれず、何時間に一度は、投薬をやめて田中さんを起こす。そして田中さんの好物だったアイスクリームを食べさてたり、ベッドにベルトで固定させながら立たせたりする。

そして、ある朝、撮影クルーに「今朝逝きました」とメールが入る。やすらなか寝顔だった。妻は、田中さんの胸をはだいて、延命措置の注射針の痕を見せてくれる。もう田中さんのDNRなど構ってはいられなかったようだ。なぜもっと早く発見することが出来なかったのかと悔やむ。葬儀が終わり、火葬場に向かう時、妻はとても行けないと言って泣き崩れる。

ありのままの姿を見せて頂いた。涙が止まらなかった。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92935/2935010/index.html

田中さんは末期がんの方の傾聴もずっとされてきた。
話をひたすら聴くそうだ。
それによって、その方の物語が完成すると仰っていた。

田中さん自身はNHKの取材者に、「これは私へのケアです」
と言って、取材されていることを感謝されていた。
だから、旅立った後のお顔は、穏やかだったのだろうか。

身近な人の物語、完成させたいなぁ、いつか。

ETV特集「関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたのか」

93年前の、その現場に僕が日本人として居たとしたら、僕もナタを振り上げていたかもしれない。93年前のその現場に、僕が朝鮮人として居たとしたら、こんな無念なことはない。
悲劇はなぜ起きたのか。
それは征韓論やあるいは日本書紀まで遡り、歴史を学ばないといけないと思うし、本来なら、その学びの上での現在があると思うのだけれど、在特会をはじめ、いわゆるネトウヨのような人たち、そしてそれに追随するような政治家までいる今の日本って、本当に恥ずかしく情けない限りだ。
だから、今、同じようなことが起きても、僕はナタを振り上げることはないことだけは確信する。

 

ETV特集「関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたのか」

ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白

見応えがあった。

丸腰でポル・ポト派に近接する村に派遣された日本の警官。彼らは自分の身を守るために違反をおかして自動小銃を購入していた。しかし、車で移動中にポル・ポト派と思われる集団に襲撃される。彼らを護衛していた軍隊は早々にやられ戦闘不能。襲撃され放題のまま、その中で一人の警官が死ぬ。2時間近くたって応援の部隊が到着したというが…。

このドキュメンタリーではまだ描かれていないところが、多々あるような気がした。もしかしたら自動小銃で警官たちは応戦したのではないだろうか。たった一人しか殺されていないというのが不思議だからである。2時間も持ちこたえられるはずがない。

同じチームだった人たちの証言があるが、唇が震え、まだ心の傷が癒えていないことが伝わってくる。たった一人の死でも、こうなのだから、これから自衛隊の人たちはどんな苦しみを味わされていくのだろうか。

【1993年5月4日。タイ国境に近いカンボジア北西部アンピルで、UNTACに文民として初めて参加していた日本人警察官5人が、ポルポト派とみられる武装ゲリラに襲撃された。岡山県警警視、高田晴行さん(当時警部補・33歳)が殺害され、4人が重軽傷を負った。湾岸戦争以来、日本の悲願であった人的な国際貢献の場で起きた惨劇は検証されることなく、23年の月日が流れた。しかし、今、当時の隊員たちが重い口を開き始めている。番組ではカンボジアPKOの襲撃事件を様々な角度から描き出す。そこには、戦後日本の安全保障政策が大きく転換しPKOでもさらなる任務が求められることになった今、私たちが目を背けてはならない多くの“真実”がある。】

「奥底の悲しみ 引揚者の記憶 特殊婦人」

怖い。ほんまに怖い。
自分の妻が、自分の娘たちが、鬼畜とかした兵隊に目の前で陵辱されるなんて、気が狂ってしまう。そんなことを想像するのと同時に、自分が兵隊となって、女性を犯す、殺す、ことも想像してしまう自分が怖い。

気が狂いそうになる経験を心の奥底に沈めたまま、生きてきた人たちがたくさんいる。多くの方はこの世から旅立ちつつあるけれど、聞かなくてはならないし、伝えていかないといけない。愚かなことを少しでも食い止めるために。

ロラン島

今朝、NHKで「地球イチバン(ミニ)」を観た。時任三郎が世界を旅する番組のようで、今回はデンマークのロラン島が舞台だった。なんと自然エネルギー100%の島で、風力発電で全てまかなっていて、海外に売るほど余っているそうだ。
この島もその昔、原発を導入しようとしていたのだが、政府と市民がきちんと話あって、風力を選んだのだそうだ。時任三郎が会ったおばあちゃんは「地球を一時借りている、だから綺麗なままで引き継ぐ」んだと言っている姿は、祝島の人たちと重なる。
ロラン島に生まれたかったなぁ。

お笑い米軍基地

http://www.mbs.jp/pgm2012/jnn_nippon.shtml

「バッチとペンと~日隅一雄の闘い」というドキュメンタリーを録画したつもりだったが、再生してみると「真理は笑いの中に~人気舞台に秘められた沖縄の本音」という「お笑い米軍基地」を追った映像だった。大阪は1回遅れて放映しているようだ。でも、「お笑い米軍基地」のこのドキュメンタリーもとても面白かった。沖縄に押し付けられている様々な日本の問題を風刺した漫才やコントは秀逸だ!是非、生で観てみたいと思った。

歸國(TV)


「北の国から」は若いころ僕はバイブルのようだと崇めていたのだけれど
やはり倉本聰氏の旬は終わったということだろうか。

彼の言いたいことや、気持ちは充分伝わってはきたが、
ドラマ作品として、どうだったんだろうか?

あまりにも語りすぎだ。
特に前半は、狂言回しの生瀬が、すべて説明してまわる。
画面にほとんど動きがない。
まるでナレーターだらけの中学生の芝居のようだ。
映像がなくても、成立しそうだった。

その時点でチャンネルを変えた人はたくさんいたことだろう。
これが舞台なら、仕方なしに最後まで観てしまうが
TVなら、リモコン操作で簡単に退場できる。

もっといろんな葛藤が欲しかった。
そして映像でそれを見せて欲しかった。

僕なら、例えば、汽車から降りた兵隊さんが都会のど真ん中の、
自動車がびゅんびゅん走る道路にうずくまって泣きだすという場面を作る。
そしてその四方30mほどだけが、時間的に遡っていく。
都会がやがて焼け野原になり、
焼夷弾が降る町になり、
出征を祝っている家族の場面になり
戦争前の平和な町になり、
してそこで若き父母に出会い、自分を可愛がっている場面になり
思わず、父母の名前を呼ぼうとした瞬間に現代に引き戻される。
そんな場面を考えた。

小栗旬と八千草薫の場面も、感動的なものであるはずなのに、
最後の台詞でしらけてしまった。
「今の子どもたちは歌を忘れたカナリヤなのよ。」
なんてステレオタイプの台詞だ。
そしてその台詞にたいして小栗旬は、もっと子どもたちに歌を歌わせるんだと言う。
いくら音楽が好きな設定だとしても、愛しい人との再会で、気持ちがそこにいくだろうか。
なにかチグハグなものを感じた。
ようは語りすぎなのだ。

一番語りすぎの場面は、最後の東京駅での場面だろう。
今の日本について、長淵剛が生瀬にまとめをさせている。
おっしゃることは確かにそうで、「便利さは豊かさでない。」は共感できる。
しかし、ドラマの手法としてはどうだろう。
あまりにも直接的すぎるのでは。

戦争の被害者は、何も戦争に赴いた兵隊たちだけではない。
銃後で無念な死に方をした人もたくさんいる。
語るのなら、そこまできちんと語って欲しかった。
生瀬の傷を晒すだけで、済ませて欲しくはなかった。

昨日、8月14日は、最後の大阪大空襲があった日だ。
もう降伏がほとんど決定されている中での、駄目押しの空襲だったという。
どれだけ無駄な死があったことだろう。

だから靖国神社を中心に語って欲しくはない。
靖国神社を参拝しない政府をなじっても良いが
手を会わせてもらえずにいる無駄死にをした一般国民だってたくさんいるのだ。
今の日本を悲しんでいるのは、戦地に赴いた兵隊さんたちだけではないだろう。

倉本氏が、英霊たちの「鎮魂」のために書いたというのなら
誰の為に、彼らは死んでいったのか、
いや彼らだけではなく、国民の無駄死には誰の所為なのか、
その責任を明らかにして、その人に謝罪させる場面を作るのが、
一番の鎮魂だと、僕は思う。