GOBAKU

潔く梅雨が明けたって感じで気持ちがいい。でも、暑いのは堪忍して。で、熱い人に会ってきた。大阪が誇るラテン的フリージャーナリスト「西谷文和」さんだ。彼の作品「戦争あかんシリーズ4 GOBAKU」という DVDが完成し、その上映会だった。

DVDのジャケットには「それはノーベル平和賞が与えられる3日前のことだった。戦火のアフガニスタン、イラクを果敢に取材。オバマ.の戦争、そ の実態と仕組みを解き明かす。」と書かれている。非対称的なこの戦争。何も知らない子どもたちが悲惨な目にあっている姿に心が痛む。そんな戦地に自分の命を顧みず何度も足を運び、事実を伝えようとする西谷さんを尊敬する。だから応援していきたい。どんな感じのDVDなのかは、下の映像を見て頂ければと思う。

このDVDは50分の作品だが、値段はたった1000円だ。ライブラリー価格(上映権付き価格)は設定されていなく、上映権料もとるつもりもない らしい。全く儲けようなどとは考えておられないようだ。一人でも多くの人がこのDVDを見てくれたらなぁと切に思う。

http://www.nowiraq.com/blog/

「911の子どもたちへ」というドキュメンタリー映画も同時上映された。この映画も素晴らしかった。東京の大学生たちが作ったのだが、しっかりと した構成で、最後まで飽きさせられることなく映画にくぎ付けにさせられた。これも見るべき映画やと思う。

http://911children.com/index.html

上映会が終わってから、交流会があった。知っている人もいないのでどうしようかと迷ったが、思い切って参加してみた。そこで、また色んな方との出 会いがあった。「うずみ火新聞」のスタッフの方たちやら、僕の近所にお住まいの「九条の会」の人やら。近所に「九条の会」があったなんて、全く知らなかっ た。「九条の会」のHPには掲載されていないからだ。なんと僕が住んでいる地域では、ほとんどの町ごとにあるらしい。
思い切って参加して良かった。

シナプスが繋がるように、いろんなことが僕の中や外で繋がっていく気がする今日この頃だ。

http://uzumibi.net/

クロッシング

泣ける映画が良い映画だとは思えないが、この映画は本当に辛くて悲しくて、体が震えるくらい泣けてしまった。観終わった後は、まるでプールから這い上がってきたような疲れを感じたのだった。

生きるために脱北せざるをえない北朝鮮の現実。2007年の現代を描いたとはとても思えない映像ばかりだで、まるでTVや映画で知る終戦直後の日本のようだ。いや、それよりも悲惨である。日本には同じ日本人を閉じ込める強制収容所などはなかっただろうから。

主人公は、結核にかかってしまった身ごもっている妻のために、中国へ出稼ぎに密入国したのだが、結局亡命せざるを得なくなる。妻の為に薬を買いあさり、子供の為にサッカーボールとシューズを買うのだが、食べるものもなくなってしまった妻は亡くなってしまう。そして一人ぼっちになってしまった子供は父を追いかけ中国に密入国しようとするが…。

北朝鮮の村々がどのような感じなのかは見たことがないのでわからないが、この映画の質感はリアリティを感じさせるものがあった。そして、登場人物の精神性を表しているような美しい映像が多かったように思う。たとえば何度か使われる「雨」のシーンが、とても印象的だった。

この映画は単に泣ける安っぽい映画ではないことだけは確かだ。

「少欲知足」~小出裕章さん講演会~

 大阪YWCAで小出先生の講演を聞いてきました。小出先生の話は何度聞いても、そのたびに切り口が違い、その引き出しの多さに感動します。何よりも先生の謙虚な人柄、そ してその使命感の強さに心を打たれます。毎回のレジュメもかなり詳しく書かれていて、そのレジュメを読むだけでも、よくわかります。お話を聞けばさらによ くわかるのです。質疑応答に対しても、躊躇なく即答されていきます。小出先生の話は、機会があれば一人で多くの方に聞いて欲しいと、本当に思います。

以下に今日の講演を箇条書きにまとめておきます。良かったら読んで下さい。

「原子力で地球を救えるか? ~CO2と温暖化問題」小出裕章講演

・今の日本では生きることではなく、贅沢をするためにエネルギーが使われている。 
・地球の歴史を1年として考えた場合、人類が発生したのは、大晦日の午後だ。
・人類が今日のようにエネルギーを膨大に使い始めたのは産業革命からの200年で、上記の尺度にあてはめると、大晦日の夜11時59分59秒から の1秒に過ぎない。
・その200年の歴史で、人類が数百万年かけて使った全エネルギーの6割を消費している。・そして人類はこの100年の間に五十万種近くの生物を 絶滅させている。やがて自らも絶滅させることになるだろう。
・地球温暖化は19世紀初頭から始まっている。しかしそれは1度以内である。
・二酸化炭素放出が激増したのは第2次世界大戦以降である。
・従って、地球温暖化は二酸化炭素放出が主因ではなく、一因に過ぎない。
・「原子力発電は発電時に二酸化炭素を放出しない。」と宣伝されているが、正確に言うと「ウラン核分裂反応は二酸化炭素を出さないが、『死の灰』 を生み出す。」
・従って「ウラン核分裂反応」以外では、原子力発電も様々な段階で二酸化炭素は放出している。
・JARO(日本広告審査機関)においても、「原子力発電の地球環境に及ぼす影響や安全性について充分な説明なしに、発電の際にCO2を出さない ということだけを限定的に捉えて『クリーン』と表現すべきでないと考える。」と裁定されている。
・「低レベル放射性廃物」は各発電所にドラム缶に詰めて保管しているが、貯蔵容量を遥かに超えてしまい、一部六ヶ所村へ搬出しているが、大半は焼 却処理をしている実態。
・「高レベル放射性廃物(あるいは使用済み燃料)=死の灰)は現在、広島原爆の百十万発分の量に達している。それらは百万年に亘って人間の生活環 境から隔離しなければならないものだ。
・それらは地下300~1000mの所に地層処分されているだけである。
・「原子力発電所」は「海温め装置」である。原発は一基、300万kW分の熱を出し、そのうちの100万kW分が発電に使われ、後の200万kW は海を温めている。
・原発は1秒間に70トンの海水の温度を7度上昇させる。ちなみに淀川の流量は1秒間に150トンである。日本全体では、1秒間に70トンの流量 を超える川は30河川にも満たない。
・日本の河川の総流量は約4000億トン。日本には55基の原発があり、それらが流す温排水は1000億トン。全河川の流量に換算すれば約2度温 かくしていることになる。
・従って、原子力発電所は温排水によって地球温暖化を促進させている。
・環境破壊の責任はごく一部の先進国にある。
・原子力発電は即刻やめるべきである。
・原子力発電をストップさせても、火力発電などで充分足りている。
・過去に一度、真夏の午後のほんの一瞬だけ火力発電などだけでは間に合わないことがあっただけであり、それだけで原子力発電を使用する理由にはできな い。
・化石燃料はまだ数百年はあるがウランはもっと少ない。
・太陽エネルギーを使用すべき。
・「少欲知足」…何よりも大切なことは、エネルギー浪費型の社会を改める作業に取り掛かること。

「若狭の海」 
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1429/wakasa-no-umi.html