ブラボー!小出先生!

京大原子炉研究所の小出裕章先生のお話を淀屋橋の浪花教会で聞いてきました。小出先生のお話は何度も聞いても、心を打たれるものがあります。それは、きっと信念の人だからだと思います。

「原子力は即刻やめなさい。」という立場を貫かれています。その立場は、反政府的であるので、研究者としてはとても不利なものになってしまいま す。おそらくとても不自由な苦しい環境で研究を続けてこられたことだと想像されます。それでも、反原子力の為には、手弁当ででも日本各地を訪れ講演をされ ています。小出先生の話は素人にもわかるようにとても丁寧にそして色んな裏付けを元に理論的にお話をされるので、一度聞いたら、ほとんどの方は納得のいく ものになると思います。

何故、小出先生は原子力に反対なのか?

それは原子力から排出される低レベル放射性廃物が300年、高レベル放射性廃物が100万年、放射線を出し続けるからです。

日本の低レベル放射性廃物は2009年ですでにドラム缶に150万本溜まっています。また核分裂生成物(死の灰)の総量は広島原爆の110万発分 を超えているそうです。それらを、300年から100万年、誰が責任を持って管理できるのでしょうか?いくら地中に深く埋めようが、何万年も隔離できるで しょうか?しかも即刻原子力をやめなければ、廃物は増え続けるばかりでどうしようもなくなるのです。

また、「原子力発電はCO2を排出しない」というのは、全くでたらめで、最近「発電時にはCO2を排出しない」という表現に変わってきたけれど も、もっと正しくは「ウランの核分裂反応は二酸化炭素を出さない」と言うべきです。原子力発電は、周りの海水温度を7度上昇させる「海温め装置」なので す。そして、二酸化炭素が気温を上昇させているのではなく、気温があがることによって二酸化炭素が増えているのであって、地球温暖化の原因を二酸化炭素に するのは、間違っています。

日本の全ての原子力発電を一斉にストップさせても、今ある水力、火力発電などで電気はまかなえます。計算をすると過去に真夏の真昼のほんの数時間だけ足らなくなる瞬間があったそうですが、計画的に使用すればコントロールできる範囲です。

何よりも大事なことは、日本を含め「先進国」と呼ばれる国々が、エネルギー消費社会を改めることなのです。ひとりひとりが生き方を根本的に考え直していかなければ、開けてしまったパンドラの箱を閉じることはできないでしょう。

小出先生は講演の最後に、足尾鉱毒事件を告発した田中正造の話をされました。小出先生は田中正造には深い思い入れがあるようで、研究室を訪れた友 人は、田中正造の写真が貼られていたと言っていました。田中正造は鉱毒事件で谷中村を救おうとして政府と闘った人でした。最期に倒れた時には無一文で、彼 の風呂敷には渡良瀬川の小石が一個と聖書が入っていただけだったそうです。そんな話を声を詰まらせながら、お話されていました。田中正造と小出先生の姿が 重ね合わさったように僕は感じました。

すでにどうしようもないくらいの放射性廃物が出来てしまっていることを、これからの世代の人に遺してしまうのは、とても残念なことで謝りたいと おっしゃっていました。そしてこのことを若い世代に伝えていきたいので、特に子供たちのいるところだったら、地獄でも何処でもかけつけて話をするとおっ しゃっていました。

ブラボー!小出先生!

川田文子さん

7日(日)、エル大阪でリブインピース9+25主催の「川田文子さん講演会」があった。副題には≪ペ・ポンギハルモニの記憶をふたたび刻んで~沖縄・渡嘉敷島の「慰安婦」と「集団自決」≫とついていた。

川田文子さんはノンフィクション作家で、主に日本軍性暴力被害者の人生を記録する仕事をされている方で、この講演会があると知ってから、川田文子さんの「イアンフと呼ばれた戦場の少女」を読んだ。沖縄に残された元「慰安婦」ペ・ポンギさんを初め、中国、インドネシア、サイパンなどで日本軍による性被害者たちの聞きとり調査の集大成で、川田さんが撮った写真もたくさん掲載されている。

日本軍が行ってきた性暴力は鬼畜そのもので正視にたえないが、川田さんの文章から漂う高潔さが、格調高い作品に仕上がっているように思えた。だから、余計川田さんに直接お会いしてお話を聞きたいと思い、講演会の日を楽しみにしていた。

会場に現れた川田さんは笑顔の綺麗な方で、取材内容の重さをその表情から感じる人ではなかった。A4のレジュメを7ページも用意されて、まずは1944年9月の慶良間諸島の話から始まった。川田さんが実際に取材されてきたことをお話されるので、まるで映像が浮かんでくるように心に焼き付いていった。川田さんの言葉は2時間半ほとんど途切れることなく、次から次と溢れ出るようで、伝えたい気持ちがいっぱいの人なんだと実感した。性被害者の方々に寄り添いながら、ずっと取材を続けてこられたことが、よくわかった。しかし、その悲壮感を漂わせるような懐の浅さは微塵もなく、どちらかと言えば飄々とした風のような方だと、僕は勝手に感じていた。

また大好きな人が一人増えてしまった。

 

アンポトテンノウ

11月6日の午後、関学の豊下楢彦教授の「安保条約の成立と天皇外交~原点から問い直す米軍基地と沖縄の矛盾」という講演会を聴きに行ってきた。堅苦しくて難しそうなテーマだったが、豊下先生はとてもわかりやすく、無知な僕にもよくわかるお話だった。

ヒロヒトとマッカーサー両者の思惑による戦後処理の問題から、すでに安保条約の原型ができあがっていた。(ヒロヒトの「天皇制維持」への執念の弊害が諸悪の根源であると、僕は勝手にそう受け取った。)

新憲法施行(1947.5.3)からたった三日後に、ヒロヒトはマッカーサーに「9条では日本は守れないから米軍による防衛」を要請している し、その年の9月20日には、「25~50年それ以上にわたる貸与として沖縄での米軍駐留を認める」という所謂「沖縄メッセージ」をシーボルト連合国最高 司令官政治顧問に伝えている。象徴でしかない存在が、政治的行為をしている。(これは憲法違反ではないか。)

国体の維持への執念が、その後の安保条約の成立や、沖縄を捨て石とした基地の集中を招いたのである。そしてそれをアメリカは利用して、いまだに日本をコントロールをしている。

尖閣諸島問題に関しても、これはアメリカの罠である。72年の沖縄返還の時、それまで米軍が射爆場として使用していた尖閣諸島を、ニクソン政権 は、尖閣の帰属をあえてあいまいな立場を採用した。本来なら、日本の領土であると表明しなければならないのがアメリカであり、彼らは当事者であるべきなの だ。

ニクソン政権は、中国への配慮とともに、何よりも日本と中国との間に「領土問題」を残存させ、火種を置いておき、対立が生じると沖縄の基地と米軍の存在の重要性を正当化させるために、そのような立場をとったのだ。

などなど、豊下先生のお話は興味深いものばかりで、時間があっという間に過ぎたのだった。少し賢くなったような気がした(笑)

 

国境なき芸能団

11月4日、西谷文和さんの「アフガン帰国報告集会」に行ってきました。
第一回目の正式な報告会だそうで、最新映像を30分にまとめたDVDを放映されました。
で、なんとそのDVDは欲しい方に無料で配布されたのです。
職場や仲間や家庭で、見てほしいそうです。
ほんとに欲のない人です。
戦場カメラマンと名乗ってTVに出ている人とは志が違いますね。

アフガニスタンの難民キャンプでは
貧困が原因で(もっと言えば戦争が原因)火傷をする子どもたちが絶えません。
インディラガンジー子ども病院に入院している火傷の子どもたちの映像は
思わずうめき声をあげてしまうほど、可哀そうです。
子どもたちは入院はしていても、薬不足、医師不足、技術不足で
満足な治療を受けることもできないのです。
他にも劣化ウランの影響だと想像される肛門がない赤ちゃんの姿もそこにありました。
来週、そのDVDを頂く予定なので、見たいかたがいらっしゃれば
僕もダビングして差し上げます。

報告会は1時間で終わり、その後は「国境なき芸能団」が
イラクへ12月に行かれるということで、その壮行会が行われました。
もちろん西谷さんが引率されるのです。
メンバーは笑福亭鶴笑さん、手品師の阪野さん、漫画家の高宮さんの3人です。
イラクの難民キャンプや学校などで公演をされるそうです。
今日は、イラクで披露する出し物をそれぞれやって頂きました。
鶴笑さんなどは「3D落語です」などと言いながら体をはって落語?をされていました。
むちゃくちゃ楽しかったです。イラクの子どもたちが笑っている姿が目に浮かぶようでした。
来年予定されている報告会が楽しみです。
どうか、「笑い」の支援がうまくいきますように。

武力で平和はつくれない

11月3日は「日本国憲法」が公布された日。
それで「憲法のつどい~武力で平和はつくれない」という集会に参加してきました。
初めに「寿(kotobuki)」ライヴコンサートがありました。
初めて聴いたのですが、ストレートな歌声とそのメッセージ性に感動しました。
即CD2枚購入して、サインをもらいました。

で次にメイン講演があったのですが、寝てしまいました。
ちゃんと活動をしている素晴らしい方なんですが
その話し方が、心に響かず、話し方の単調さが眠気を呼び起こし…
申し訳なかったです。
ま、いろいろ講演会に参加してると、たまにはそんなこともあるさ(笑)

最後に、高遠菜穂子さんのアピールがありました。
この方の言葉はびんびんきました。
もっと聞きたかったのですが、あまり時間はありませんでした。

そうそう、講演会が終わってすぐに
帰る支度をしていた高遠菜穂子さんのところへ行きました。
「イラク戦争検証」の賛同書を手渡しに行ったのです。
「あのぉ、これ・・・」と賛同書を差し出したのですが
彼女は僕を見つめて、一瞬の間ができました。
いろいろ話そうと思っていたのですが、言葉が出てこなくなりました。
蛇に睨まれたカエル状態です(笑)
やっとこさ「あのぉ、これ」ともう一度差し出すと、やっと僕の手元を見てくれて
気がついてくれました。
「ああ。ありがとうございます。」と彼女は言いました。
なんか心地よいぎこちなさでした(笑)

玄牝

11月1日、映画監督の河瀬直美さんの講演会があった。
今まで撮影した劇映画に関して、年代順にその時の思いやエピソードを語られた。
最後に、最新作の「玄牝(げんぴん)」のダイジェスト版を鑑賞した。

自然分娩についてのドキュメンタリーだ。
民家での出産シーンも二組あった。
子どもたちも立ち会っているのだ。
生まれてきた赤ちゃんを抱きながら「会いたかったよ~」と泣いている母親の傍で
たぶんその赤ちゃんのお兄ちゃんらしき子どもが目をこすって泣いている場面に
思わず僕も泣きそうになった。

自然分娩の良し悪しは僕にはまだよく分からないが
現代人が失くしつつある根本的なものがそこにあるのかもしれないって思う。

これから妊娠を経験するであろう人たちには、観る価値がある映画だと思う。
大阪では七藝で来年あたりの上映だそうだ。