戦争童話集

「戦争童話集」という芝居を観てきた。野坂昭如原作の「戦争童話集」から、「小さい潜水艦に恋したでかすぎる鯨の話」「干からびた象と象使いの話」「ソルジャーズ・ファミリー」「凧になったお母さん」の四編を「八月の風船」の話の中に織り込んで、風船爆弾工場で働いてた若者たちに四つの物語を語らせながら次第にその世界を演じていくというドラマツルギーだ。

最初の鯨の話と象の話は題名から想像される通りの内容だ。大人ばかりの観客相手では少し気恥ずかしくなりそうな話だが、「ソルジャーファミリー」は南の島に残された兵隊が餓死していく過程で見る夢の話で、餓死していく現実とその時に見ている夢のファンタジーさとのギャップに、心の琴線を撫ぜられた。胎児になって顔も知らない母親のもとへ戻っていくところは想像力を刺激され印象に残るシーンとなった。

そして「凧になったお母さん」は、空襲で火に囲まれた中で、我が子が脱水症状にならぬよう、自分の汗や涙、そして終いには体中から噴きだした血を与え続け、体が干からびて凧になって飛んでいくという話である。凄惨ながらも、空を飛んでいくシーンは美しく表現されていた。迫真の演技が、会場のあちらこちらから涙を誘っていた。

舞台の演出は、巨大な白布を二箇所で釣り上げ、それを上下させながら青い光を当てることによって波や海中や空を表現したり、赤いライトを当てて揺らしながら表現する炎は、シンプルながらとても効果的であったように思う。その反面、舞台上に散らばっている様々な小道具が、少し猥雑な感じがした。特に黒い舞台の上に中途半端に白い布が散らばっているのは見苦しかった。そのあたりはもう少し工夫をするべきではないだろうかと思う。

実はこの芝居は関西芸術座附属研究所第54期生の卒業公演だった。役者の初々しさと、その直向さが伝わってきて素敵な舞台だった。少しぐらいのミスなど気にならないほど熱いものを感じた。打ち込めるものがあるって素晴らしい。僕も何かしたくなってきた…。

オダサク、わが友〜大阪のロマン


—————————————–
また、これはイリュージョンだ。織田作の『可能性の文学』から、「可能性の演劇」とパロって称してもいいが、演劇というのは、すべてが「可能性」だから、そう、ことわる必要はナイ。戯曲も、演出も、役者も、照明、音響、その他スタッフワークに至り、観客に及んで、演劇は「可能性」のシロモノだ。なぜなら、演劇は、いつ始まり、いつ終わるとも知れず、何がため存在するのかもさだかでなはなく、なのに(あるいは、ゆえに)、私たちは、その可能性に魅せられて、過剰なエロスとタナトスの衝動を、何かに向けて(外部にせよ、世界にせよ、自己にせよ)発せずにはいられない。
—————————————–

「オダサク、わが友」の脚本に書かれている北村想氏の一文だ。まさにこの芝居はイリュージョンだった。時間軸と空間時間を少し歪めながら、変幻自在に織田作之助の世界が繰り広げられた。それは織田作之助の作品の中の世界であったり、デビュー前の田中絹代が何故か自由軒で女給をしていたり、その時に関東大震災を匂わす台詞があったり、坂口安吾と太宰治との三人の座談会で織田作之助の浮気相手のバーのマダムの話が出たと思ったら、そのマダムの口から東京で観た「青い鳥」の話になり、いきなり「青い鳥」が始まったりする。所々で手渡されていく「飴」はまさに大阪の「飴ちゃん」だと感じさせてくれる。演出もイリュージョンのように鮮やかで連続性がありそして余韻が感じられるものだった。僕自身が織田作之助の作品を読んでいたらもっと楽しめたことだろうと思うのが少し残念だ。

織田作の女房一枝が素晴らしかった。初め出てきた時は、緊張して声が震えて出ていないのかと思うくらい下手くそに感じたのだが、それは完全に役に入り込んでいたからだというのが分かった時は、鳥肌がたってしまった。全然演じていることを感じさせないのである。本当に病気じゃないのかなと思うくらい、その立ち姿だけでそれが伝わってくるのだ。織田作を心から愛しているのが痛いほどわかった。速水佳苗さんは、素晴らしい女優だと思った。

脚本の最後に、織田作はヒロポン中毒であったが、あえてそれは描写はしていないが「表現はされている信じている」とが書かれていた。確かに織田作自身のタナトスは描かれてはいなかった。「夢のような大阪、大阪のロマン、ロマンは生活の中にこそある」と彼に語らせていて、坂口安吾や太宰治よりもどれほどエロスに溢れていることか。しかし彼が生きた時代は生活の中にロマンなど求めることができただろうか。彼の妻も終戦の一年前に他界しているぐらいである。ヒロポンに手を出してもおかしくはなかっただろう。

「オダサク、わが友」を通じて「大阪のロマン」を僕は感じることができた。素晴しい本であり演出であったように思う。なのにカーテンコールがなかったのが残念だった。ああ一人でも拍手を続ければ良かった…。

ザ・シェルター

北村想さんの戯曲「ザ・シェルター」を読んだ。

シェルターのモニターとして一家四人(夫婦、子供、祖父)が庭に設置されたそれに数日間入ることになる。しかし、何故かコンピュータの故障で、電気系統が作動しないまま閉じ込められてしまい、貯水タンクも壊れ、水が無くなってしまう。家族は暗闇の中で、昔の台風の思い出を語り始める。

「あのね。もし、もしですよ、ひょっとして核戦争があったとして、人々が今の私たちのようにシェルターに入って、核戦争の終わるのを待つとするでしょ。そうしたら、家族はいったいどんな話をするんでしょうね。やっぱり台風の話でしょうか。」

やがて電気がつき、シェルターの扉が開けられる。うす紅色の光が差し込む。外は夕焼けだ。おじいちゃんと孫は赤とんぼを捕りに外に出て行く。

「実験はお前たちだけでやればいいだろう。私はもういい。ミサイルが飛んで来れば、できるだけ当たらぬように気をつけるさ。」

夕焼けがますます赤くなり、無数の赤とんぼが飛び始める。戯曲には書かれていないが、シェルターの中にいる間に、本当に核戦争が起きてしまった設定だと誰かから聞いたことがある。最後の夕日は核爆発の色なんだろうか。

しかし、コンピュータが壊れてから、ラジオのニュースで台風情報が流れる場面がある。そこでは核戦争には一切触れられていないから、核戦争が勃発したという設定は無理があるような気がする。戯曲に書かれている最後の場面—

サトコ あなた…
センタ ああ、夕焼けだ。
センタとサトコ、ちらっとそれぞれの表情を覗くが、苦笑して、出て行く。

と書かれているが、もしこれが核爆発の夕日を見ているのなら、苦笑などせず呆然と眺めているはずである。かなり好意的に解釈しなかれば、核戦争の「暗示」にもなっていないような気がする。しかし、この作品のミソはそこではなく、暗闇のなかで交わす台風の思い出なんだろうと思う。いつか舞台があれば観たいものである。

音楽の時間

 

3月11日の朝は、ピンク色した朝焼けだった。とても不思議な気がしたので、バス停に急がなくてはいけなかったけど、思わず写真を撮ってしまった。でもカメラにはあまり鮮やかには写ってはいなかった。

その日の夕方も光がとても綺麗だったので、撮影していたら、上空が急に曇ってきて雪が降りだした。気持ちが悪かったので急いで地下鉄に乗り込んだ。

それからの週末はネットとTVに釘付けになってしまい、三本の芝居を見る予定だったがキャンセルして一歩も表に出なかった。とても絶望的になっていた。その所為か体調がさらに悪くなってしまった。なんと血圧が185-115になっていた。これでは放射能にやられる前に脳の血管が切れそうだ。

なので今日は、心を潤しに芝居を観に行ってきた。リリパットアーミーⅡの「音楽の時間」だ。芝居が始まるまでの音楽が一切なく、波の音で始まった。「音楽」とは要するに「国歌=君が代」のことだったのだ。明治政府が「世界基準」としての国歌を雅楽局と海軍軍楽隊に作曲するように要請したことに始まる物語だ。もちろんシリアスなものではなく、喜劇タッチに描かれている。宣教師が賛美歌をアコーディオンで演奏しながら、日本人が百人一首を歌う場面など、なんでこんな場面に感動するんだと思いながら涙が出たりもした。

しかし、わかぎゑふさんがどんな思いでこの本を書いたのか気になる。描き方が永井愛さんの「歌わせたい男たち」とあまりにも真逆な物語であるように思う。芝居の中で「天皇を中心とする国家を作るために歌を作るのか」という台詞もあったが、心の何処かで違和感を感じていた。

国に寄り添いすぎている…。それの何処が悪い? 芝居ってもともと市民のもので体制側を揶揄するようなものではなかったのだろうか。亡くなった中島らもさんは、大麻は認められるべきだと言うようなとてもスリリングな人物だった。そんな時代のリリパットアーミーからは考えられないような芝居だったように思う。いや、今の日本の危うさ(今回の事故のことではない)を感じる人にとっては、スリリングな内容であったかも。

“私”を生きる


土井敏邦監督の「”私”を生きる」を観た。東京の三人の教師が登場する。一人は中学校の家庭科の先生で、卒業式の国歌斉唱で不起立を続け、三年間にわたり半年の停職処分を受けてきた根津さん。もう一人は小学校の音楽科の先生で、キリスト者として天皇制につながる「君が代」伴奏を拒否し、何度も理不尽な異動を強いられた佐藤さん。佐藤さんの祖父は、戦時中に天皇制に異議を発したために、獄中で拷問死にあったそうだ。三人目は、教育委員会による学校現場への言論統制に、現職の校長として初めて公に異議を唱えた土肥さん。

安倍内閣が教育基本法を変えてから、教育現場への締め付けは日増しに厳しくなってきている。その中でも東京都は、特にひどい状態だ。「自分に嘘をつきたくない、子供に嘘をつきたくない。」「天皇制を批判して殺された祖父と同じような目にあっている。」「教育の場から言論の自由を奪うとは、どういうことか。」それぞれの先生たちは、自分の信念を曲げることなく、それこそ命がけで戦っている様子が伝わってきた。

彼らの行動を全面的に納得して受け入れることは出来ない面もある。例えばある教師は「イデオロギーで行動しているのではない。」と言っていながら、3月31日に支援者たちが彼女の勤める学校の前に集まり、校舎に向かって彼女に対する処分への抗議を叫んでいる場面がある。そしてやがて当事者の先生が校舎の窓から「やめさせることは出来なかったわよ~!」と叫んだ。支援者たちは泣きながら喜んでいた。

これはどうかと思う。第一に処分をするのはその学校の校長ではなく、教育委員会であるはずだ。校長室にむかって叫んでも何の意味もない。しかも学校の前は住宅街だ。多分同じ学校の職員や近所の住民は嫌な思いをしたことだろう。僕はこの場面で、とても気持ちが引いてしまった。彼女の教育への情熱やら、自分の信念を貫き通そうとする思いは、僕はとてもかなわなく、頭がさがる思いだが、もし身近に彼女がいたとして、同じように行動したり彼女を支えたりすることは出来ないかもしれないと思った。

と、書いてはきたが、根本的には僕は彼ら彼女ら側に与したい。教育委員会は間違っているからだ。日本国憲法第十九条「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」に違反しているからだ。

色んな意味で学んだり考えたりしなければならないことが、たくさんあったように思う映画だった。ひとつ言えることは、教育界そのものが、やはり危険な方向に向かっていると思わざるを得ないことだ。教育が滅べば国が滅びる…。

 

蘇りて歌わん

遊劇体♯51「蘇りて歌わん」

作:中島陸郎
演出:キタモトマサヤ

移りゆく時代
失われる場
消えゆく集団
どこからかレクイエムが聴こえる
私たちも歌おう
この世のすべての潰えゆくものへ
私たちの挽歌を捧げようー

「蘇りて歌わん」中島陸郎氏が若き日に、生命をかけて表現活動に取り組んだといえる前衛演劇集団大阪円型劇場・月光会(1952-1962)の瓦解と、劇団員たちの苦悩、その顛末とを、セミドキュメンタリー・タッチで描いたディスカッション・ドラマ。
作品の舞台は1960年となっているが、戯曲の完成は1974年「自動小銃の銃口から覗いた風景・中島陸郎戯曲集」(人里帰舎・刊、1976年)に収録。現在まで未上演のままである。

「中島陸郎氏 略歴」1950~60年代、前衛演劇集団大阪円型劇場・月光会でプロデューサーの役割を果たしながら、劇作・演出・研究ノートなどの編集に携わる。1970年後半より阪急ファイブ・オレンジルーム創設に参画し、プロデューサーとして10年間活躍する。
この間に演劇状況を動かしたと評される学生劇団中心の演劇祭<オレンジ演劇祭>の仕掛人となる。1991年よりウイングフィールド創設に際し、ハード・ソフト両面で参画。
1994年より個人で大阪市に働きかけを始め、公設民営稽古場創設プロジェクトの民間側の座長格として参画。2000年に芸術創造館のオープンとして結実する。1999年6月14日没。享年68歳。

[出演]

大熊ねこ
坂本正巳
こやまあい
村尾オサム
戸川綾子

条あけみ(あみゆーず・とらいあんぐる)

酒井高陽
山田一幸(朱亜 shu-A)
南田吉信(劇団大阪新撰組)
二口大学
中田達幸
赤城幻太(劇団異国幻燈舎)

[日時]

2011年3月3日(木)~7日(月)

3日(木)19:00
4日(金)19:00
5日(土)14:00☆/19:00
6日(日)14:00/19:00
7日(月)19:00

※受付開始は開演の60分前、開場は30分前です。

☆=5日(土)14:00の公演終了後アフタートークを行います。
ゲスト:山内宥厳氏(詩人・元月光会劇団員・東光寺住職) 、小堀純氏(編集者)

[会場]
精華小劇場

〒542-0076
大阪市中央区難波3-2-4
tel 06-6643-7692