西谷文和&松元ヒロライブ


「西谷文和さんの中東最新報告会&松元ヒロライブ」 に行ってきた。

西谷さんは、本来ならアフガニスタンの報告がメインになるはずであったが、「原発」の話から始まった。まず関西電力の「原子力発電は発電時にCO2を出しません」というCMを流しながら「腹たちまっしゃろ~」と。そして関西電力は独占企業であるのに、なぜCMをするのかという話になっていった。

まず、CM作成料金や放映料は、電気料金に上乗せしていくから、関西電力の腹は痛まない。そして放映料はがっぽりTV局に入り、出演したタレントにもギャラが入る。そういう構図の元でマスコミは電力会社の悪口は書けなくなった。2008年に毎日放送が「なぜ警告を続けるのか~京大異端児」というドキュメンタリーを放映したことがある。その時、関西電力は一切のCMを引き上げるという措置に出た。毎日放送の全社員に原子力は安全であるという研修を課せることによって折り合いをつけたらしい。

西谷さんは京大原子炉研究所の小出裕章先生や田中優さんを取材して、現在DVDを作成中でるらしい。ジャーナリスト視点での「原発問題」を深く追求していかれるのを、これからおおいに期待する。

原発のあとは、バーレーンでの取材報告があった。花を掲げて反政府デモをしている国民に発砲をして射殺するというトンデモナイ国だ。デモの様子の映像は、今の日本人にはない切羽詰まった熱いものを感じて、心を揺さぶられた。

日本人は、本当に上手に飼いならされてしまった。巧妙に洗脳されてしまっている。自分たちの暮らしを守る為、不正義を許さない為に、手をつなぎ立ち向かうことを、僕たちは知らない。そんなことを、西谷さんの報告から思った。

西谷さんは言った。最近の子供たちも親たちも、「空気を読む」ことばかりを気にしていると。それは自分が不利益を被ったり、いじめをされないためにだ。だから、いつも強いものの味方をしてしまう。だから、石原や橋下みたいなやつが当選してしまう。だから原発も止まらない。だから沖縄から基地がなくならない。

西谷さんの報告に続いて、松元ヒロさんのライブだ。会場にはおそらく関西のコアなファンが集まっていたのだと思う。とても温かい雰囲気で始まった。別に無理して笑っているのではないが、ひとつひとつに笑いや拍手が起きる。ヒロさんも震災で、2週間ぶりの仕事らしい。周りの芸人もキャンセルが続いていて、キャンセル料ももらえないそうだ。そのキャンセルに単位をつけたという。若手芸人なら3キャンセルシーベルトで食えなくなってしまうがただちに健康に被害はないという。そんな掴みから始まった。

とにかく笑いは絶えないのだが、その中には庶民の怒りが込められていて、すぐに消えてしまう笑いでない。心に響く何かがある。そして、最後には自分も何かに頑張らねばと元気をもらえるライブだった。5月にまた大阪でライブがある。また行くぞ。

 

ふたたび「焼肉ドラゴン」

 

時代設定は万博の頃で、舞台は大阪の下町のコリアンタウン。架空の町だ。共同水道が一本あって、下水道もないという設定らしい。戦後、空き地に不法占拠して建てられたトタン屋根のバラックがずらりと並んでいる。空港の近くにあるらしく、飛行機が離陸するたびに、トタン屋根ががたがた響く。舞台の左側は倉庫のようなバラックがあり、その前に裸の水道が一本立っていて、周りには錆びた一斗缶とアルミの洗濯ばさみで挟まれた洗濯物が干されている。倉庫の向こう側には、廃材やら自転車の車輪やら錆びた鉄材が無造作に積み上げられている。舞台の右側は「焼肉ドラゴン」。古ぼけた大きな看板が店の上に掲げられている。店の中には三人しか座れないカウンターと、四人も囲んだら狭いようなテーブルが一つ。奥は座敷になっていて、卓袱台が二つ。舞台右側には韓国の人形などが並んでいて、その上には汚れた換気扇が絶えず回っている。奥は、磨りガラスの障子があり、そこをあければ小さな箪笥が見える。障子の前には、一年中扇風機が置かれている。店全体は焼肉の煙の所為か、くすんだ色になっている。そして右手の倉庫と焼肉ドラゴンとの間は路地になっていて、段差のあるゆるい昇りの坂道になっている。

もうそれだけで、僕は惹きつけられた。そして、倉庫の屋根の上に登ったその店の一人息子の台詞からこの芝居は始まる。「僕は、この町が嫌いです。」

焼肉ドラゴンの主人は戦争で片腕を失っている。腕だけではなく、済州島で故郷も家族もなくし、日本から帰ることもできずにいたところ、妻に出会い、お互い再婚したという設定だ。そしてこの物語でも、大事なものを失くしてしまうのだ。喪失だらけの人生ではないか。「働いて、働いて・・・」という彼の台詞。家族の為に働き続けてきただけの人生。しかし、その家族も店も・・・。

桜吹雪がトタン屋根に積もるのを見て、「こんな日は明日が信じられる。」と、リヤカーにわずかばかりの荷物と太った妻を積んで坂を登っていく場面で幕は閉じられる。

TVの画面を通して見るだけでも、胸に迫るものがあり、涙が止まらなかった。これを生で見たらいったいどれだけの感動に襲われるのだろうと思う。ああ、生で感じたい。

と、2009年の12月19日の日記に僕は書いていた。これはNHKのBSで観たのだった。

で、先週の日曜、ついにその舞台を観てきたのだ。入場したらもう芝居が始まっていた。僕が遅れたのではない。開演までにはまだ20分以上あったのだ。お客さんが入場するところからもうその世界が始まっていたのだ。舞台では、客がカンテキで肉を焼いて食べている。煙が出ているから、どうも本当に焼いているようだ。ビールも泡がでている。三女の美花とその恋人の長谷川が何やら店の飾り付けをイチャイチャしながらやっている。肉を焼いている横で絶えずアコーディオンとチャンゴが演奏されている。もうそれだけで、これは凄い芝居になるぞという期待感が高まった。そして、「僕はこの町が嫌いです!」と開演した瞬間に、もう観客のほぼ全員の心をつかんだ状態になっていた。

途中、休憩があった。ロビーからアコーディオンとパーカッションの音が聴こえてきた。なんと、今まで舞台にいた二人がロビーで演奏しているのだ。もういたれりつくせりだ。後半の部が始まるときも、そのまま演奏しながら客席を通って舞台に上がっていった。

とにかく、テンポがよく笑いもふんだんにあり、ずっと笑わされていたと思ったら、後半はいつのまにか鼻をすすりながら、涙を流していた。あちらこちらからもすすり泣きや、呻き声が聞こえてきたりした。最後に龍吉とその嫁さんがリヤカーで退場する場面でも、笑いをとりながらも、会場は最高潮に盛り上がり、本当に割れんばかりの拍手となった。そしてぽつりぽつりと観客が立ち上がり始め、やがて全員が立ち上がっての惜しみない拍手となった。それはいつまでも止む気配がなく、カーテンコールは三回も行われた。舞台と客席の一体感を味わうことができた本当に素晴らしい舞台だった。いつかまた観たい芝居だ。 焼肉ドラゴン、サイコー!

ザレゴト

あの戦争の時もそうだった
大本営発表は嘘ばかりで、国民はそれを信じようとした
いや、信じさせられた
それとも、諦めていたのか

疑えば、非国民と言われた
非を唱えると牢獄にいれられた
一番の責任者は、自分の血筋のことだけを考えた

そして死ななくてもいい人たちがたくさん命を落とした
嘘に加担した人たちは生き延びた
戦争が終わってからも優遇された

あれから66年
今、悲観的なことを書けば、
おもしろがっているだとか不安を煽るなだとか
つまらない情報に惑わされるなだとか

ひとつになろうって
いよいよ大政翼賛会の誕生か
国家総動員法の復活か

中学生が自分の思いを書くだけで
大人たちが寄ってたかって戒めるネットの世界
恥を知れ

明日にでも大阪にも放射性物質が流れてくるらしい
海外で検知されているくらいだから
今更なにを言っているのか

何を信じればいいのか
誰が本当のことを知っているのか
誰も知らないのじゃないのか

あそこにまだ原子炉はあるのか
もう残骸だけじゃないのか

誰が収束できるのか
方法なんてあるのか
誰がパンドラの箱を閉められるのか

トーデンとセイフは日本をいわんや世界を滅ぼすのか

上から目線のコメントならいらない
みんな被害者なんだから
そして加害者なんだから

POCO凸凹BANDのメルマガ「4/1翌日は正直に」

POCO凸凹BANDのメルマガに感動したので転載します。

「4/1翌日は正直に」

原発の危険性を知りながら
ずっとうやむやにしてきた政府、東電、メディアは

事故後もこのままうやむや路線を続けるらしい。
消費電力量のグラフは公表するくせに
各地の放射能計測値グラフは公表しない。

完全に終わってる。
ならば一緒に終わろう。
どうせインチキ国家なら インチキで突き通そう。

まずやるべきことは

日本全国に放射能計測機を設置し
その上で偽りの計測結果を発表し
ほぼ日本全土を覆う約半径2000km圏内を

放射能汚染危険地域エリアと認定し発令しよう。
おかげで米軍は沖縄どころか日本から全面撤退し
空家になった米軍基地は避難者の施設に。

ロシアは北方領土を返還することになり
竹島や尖閣も汚染地域だからもう誰も欲しがらない。
海外の漁師たちは 日本近海の漁を避けるだろう。

ちなみに不良外国人たちはすでに国外退去済み。
国外退避したい日本人は海外移住すればいい。

次に 世界に向け

自衛隊を武装解除し
救援専門の部隊にすることを宣言しよう。
日本は平和国家の最先端になる。

いつでもどこでも世界中の被災地へ行こう。
兵役も設けよう。
救援部隊専門ならば募集者は激増する。

来年は国家として 初のノーベル平和賞受賞だ。
結局
人は人が苦しんでいる時に侵略行為などしない。

その土地が汚染されたエリアならなおさらだ。

最後に 全ての原発を廃止し
火力、水力、太陽光発電の増設で雇用を拡大。

農業と漁業を拡充させよう。

以上、やるべきことはこれだけだ。
徐々に汚染される魚や野菜や肉を摂取しながら

行けるとこまで生きよう。
つまり ほぼ鎖国でよい。

もしこれで
本当に放射能汚染が日本全土を覆い

我々日本人が悲惨な末路をたどるとも
それが世界の新たな指針となり
世界中から原発が廃止されることになるのなら

我々は喜んで犠牲になろう。
それこそ大和魂冥利につきるというものである。
・・とかなんとか言いながら

自らの放射能汚染の研究データを
世界中の科学者へ 高く売り付け 輸出しよう。
もはや
誇りが芽生えた日本国民にとって

一時の貧しさなどただのステップ
最終的にこのインチキ新国家は
文化的にも 経済的にも

世界最先端の国家として 独走することになる。

・・・わけないか。
世界は毎日エイプリールフール

今日もやっぱりエイプリールフール