観劇戯言『blue film』桃園会第42回公演

 

引き潮の時にだけ現れる海辺の駅。霧が立ち込めたそんな駅に佇む一人の女性「かがり」。かがりはその駅に降り立ったのか、これから列車に乗ろうとしているのか、おそらく本人にもわからない。

しかし、ベンチに座っていた男性に声をかけられ、かがりは同窓会に来たのだということが分かったようだ。そこへ小学校時代の同級生や先生たちも現れるが、小 学生になったり大人になったりと時間軸が定まらない。大人にならない一人の女の子がやがて、かがりと重なり合っていく。少女のかがりはスケッチブックに絵 本を描いていた。その絵本の世界とも交錯していく。

葡萄味のカルピス色の空。時刻は六時前。ブラック蝙蝠軍団が子どもたちをやっつける為 に時間を止めてしまったのだ。宿題のドリルをまだしていないお腹の空いた子どもは夕刻に弱いからだ。しかし、その空は本当にこれから暮れてゆく空なのだろ うか、もしかしたら明けていく空なのだろうか。子どもたちも先生もパジャマ姿となって現れる。目の前の海の青もやがてそれはブルーシートに。仮設住宅のテ ントとなって浮かんでくるのだ。

三毛猫のような駅長がかがりに列車の到着を告げにくる。そこで初めて「ここは何処?」とかがりは問いかけながらも、自分で「ここは…」とその場所を明らかにする。

かがりはこの街にやってきたのだろうか、それともこの街から離れようとしているのだろうか。干潮時に現れる駅だから、やはりそこは「死」の世界なのだろう。 そこには名前も忘れてしまった同級生とともに童話作家を夢見ていた自分が居た。青い瓶の中に閉じ込められた怪獣が居た。青い景色しか知らない怪獣は成長し て瓶を割って大きくなる。

誰にも超えなければならないコトがある。それは単に忘れるだけでは克服できないのかもしれない。一度は向き合わ なければならないのだろう。しかし、阪神大震災にしろ東日本大震災にしろ、あまりにも辛すぎて何も言えない。悲しいのは悲しい、辛いのは辛い、弱いのは弱 いままでいいじゃないか。そんなあなたが好き、そんな自分が好き、そんな芝居をもっと観たい。

笑門来愛

あけましておめでとうございます。
上の下手くそな文字は、今年の年賀状用に書いたものです。
「笑門来福」という言葉から「笑門来愛」と勝手に作りました。

「笑門来 福」はその文字の通り「笑う門には福来る」くよくよしていないで、明るく笑っているほうが、幸せがやってくるよという意味だと思いますが、その「幸せ」の 次のステップとして「愛」という言葉に置き換えてみました。笑顔は周りの人に対しても愛のお裾分けをする行為ではないかと思うからです。愛あふれる一年に したいものです。

「笑い」は大切です。そして「明るさは強さなり」だと思います。しかしその反面、笑っているだけで「幸福」が訪れたり「愛」が芽生えたりはしないとも思っています。「幸福」になるための努力が必要です。

では私たちにとって「幸福」ってなんなんでしょうか?
美味しい物をお腹いっぱい食べること?
縁側でひなたぼっこすること?
巨万の富を得ること?
愛する人に巡り会うこと?
人によって様々でしょう。

少し前、 テレビで芸能人が「お金が全てや。お金で買えないもんはないねん。」と豪語していました。彼の本心かどうかはわかりませんが、今その人は暴力団との繋がり が問題となり芸能界を追い出されています。お金で買えないものはないなんて本心から思っている人が本当にいるんでしょうか。大金來福?

でも、世の中は経済的な効果を得ることを最大の目標として18世紀ごろからその歯車は回りだし、その回転は加速をつけて現在に至っています。その結果、世界はどうなっているんでしょうか。

 

もし世界が100人の村だったら、100人のうち20人は栄養不足で、1人は死にそうです。でも15人は太りすぎになっています。

すべての富のうち、6人が59%を持っていて、すべてアメリカ人です。74人が39%を、20人がたったの2%を分けあっています。

すべてのエネルギーのうち20人が80%を使い、80人が20%を分けあっています。

75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがありますが、25人はそうではありません。17人はきれいで安全な水を飲むことができません。

~「世界がもし100人の村だったら」より~

あきらかに富めるものはどんどん富み、貧しい人たちはそこから抜け出すことができない状態になっています。

2010年の世界の軍事費の合計は1兆6300億ドルです。そのうちアメリカが1位で、6980億ドル(全体の約44%)日本は6位で約4兆6826億円(約585億ドル)です。その軍事費をもっと平和的に有効利用できないもんでしょうか。

 

・世界の飢餓に苦しむ人(8.5億人)の1年分食糧—1040億ドル
・世界中の兵器を廃棄する—1720億ドル
・世界の全ての埋まっている地雷の除去—330億ドル
・全ての地雷被害者に義足・義肢などを贈る—約3億ドル
・全地球の砂漠化防止—87億ドル
・世界中の人々に安全な飲み水と下水設備を提供する—90億ドル
・世界中の約2000万人の難民支援避難用テントや毛布—1億ドル

 

 

上記の合計は3271億ドルです。アメリカの1年間の軍事費を使ってもまだお釣りがあるのです。なんて世界は矛盾しているのだろうと思います。特に馬鹿らしいのは、日本は、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)年間1881億円(2.3億ドル)を、今後5年間米軍に支出することになっています。しかし、思いやり予算は米軍に対する経費全体の3分の1を占めているにすぎません。2010年度、日本は米軍基地関係経費に6729億円(7.92億ドル)という莫大な額を負担しています。

それに対し、原発の賠償金として国から福島県の150万人の人に総額2160億円を支払うことが12月に決まりました。一人たった8万円(18歳以下と妊婦は40万円)です。同じ12月にアメリカのF35戦闘機を42機購入することも決定しています。来年度分4機は1機あたり99億円で、防衛省は来年度予算案に盛り込む方針です。

話は最初 に戻ります。やはりお金は大切で、人間らしい生活を送るためには欠かすことのできないものです。でも、少しでも贅沢な暮らしを、と求めた結果が、その欲望 に歯止めが効かなくなり、世界中の人々を巻き込みながら、お金が偏ってしまったのでしょう。そしてお金をてっとり早く儲ける手段として「戦争」が利用され たのです。

それぞれ が自分たちだけの「幸福」を考えていたら、いつまでたってもこの状況から抜け出せないと思います。また、経済的な効率だけを重要視していくと、大切なもの を見失ってしまうことでしょう。いや、すでにたくさんのものを僕たちは失ってしまいました。原発事故がその一つです。

新年早々、ざれごとに付き合って最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。どうか今年もよろしくお願いします。