余録:「はえば立て、立てば歩めの親心」というが

ちょっと感動しました。歩き始めた赤ちゃんは、一日にいったいどれくらい歩いているのか、研究した人がいるそうです。その結果を読んで、びっくりです!赤ちゃんを尊敬します!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

毎日新聞 2012年12月30日

「はえば立て、立てば歩めの親心」というが、赤ちゃんは言われるまでもなくたいへんな苦労をしていることがわかった。米ニューヨーク大学の研究者が、はいはいの段階からよちよち歩きに移行し始めた赤ちゃんの歩行距離を計測したのである▲対象は、1歳から1歳7カ月までの赤ちゃん140人。研究室に特設した遊び部屋と自宅に撮影装置を置いて行動を追跡し歩数を記録した。驚くべき結果が出た。赤ちゃんの歩数は1日平均1万4208歩、距離はのべ4.2キロ、転んだ回数が102回▲思わず自分のポケットに放り込んだ歩数計を手にとったら電池切れだった。以前、歩数計を気にしていた頃、1万歩を超える日はあまりなかった。なのに、1歳児が立っては転んで1万歩だ。赤ちゃん、あなどるべからず▲1時間に69回も転倒した赤ちゃんがいたという。七転び八起きのダルマも顔負けだ。赤ちゃんがこんなに歩くのは遊びたいからなのか。研究者はおもちゃをたくさん置いた遊び部屋での歩数と、自宅での歩数を比べてみたが、どちらも変わらなかった。歩けること自体が大きな喜びなのだろう▲赤ちゃんは立ち上がるたび、倒れずに歩ける距離を伸ばしていた。歩行速度も上がっていた。一歩ずつ自分が変わっていくことを楽しんでいるのだろうか。大きな目標を立てて放り出すより、小さな成果を積み重ねるほうがいいのだ▲安倍晋三政権が歩き出した。毎日新聞の世論調査では、内閣支持率は52%と低かった。低い支持率は幸先がいい。人気取り政策に走らず、小さな成果を着実に積み上げていけばいいのだ、赤ちゃんのように。