フューリー

DVDで観ました、これ。
つまらんかった。
どこが「反戦や博愛といった主義主張の一切を排した、ある意味で究極にピュアな戦争映画」か。むっちゃ安易な設定っていうか、この映画の結末。はぁ?って感じです。ところどころに残酷な場面を差し込んであるだけで、これがピュアな戦争だって言わんとってほしいわ。