告別式

声明は橙色と金色にたちのぼりゆくこんな晴れた日に  門哉彗遥

////////////////////////////////////////////////////////

今日は伯父の告別式だった。
この半年間に父、伯母、従姉妹、伯父と4人も亡くなっている。もう1年さかのぼると義父も加わることになる。大方は昭和一桁代なので、もうそんな年齢だから仕方ないことではあるが、残されていく同世代の人たちはその度に老け込んでいく姿がしのびない。とは言っても「死」はいつ誰に訪れてもおかしくはなく、「死」は常に近づいてきている。

「これは凄まじい奇跡だ。アメーバとお前を繋ぐ何億年の線、その間には、無数の生き物と人間がいる。どこかでその線が途切れていたら、何かでその連続が切れていたら、今のお前はいない。(略)現在というのは、どんな過去にも勝る。そのアメーバとお前を繋ぐ無数の生き物の連続は、その何億年の線という、途方もない奇跡の連続は、いいか? 全て今のお前のためだけにあった、と考えていい」
〜「何もかも憂鬱な夜に」(中村文則)〜より

伯父は16歳で父を亡くし、長男として僕の父をはじめその他の兄弟姉妹を養い、その役目を果たしてこられた。そして今、無事終えられ、その次の世代に譲られたということだ。お疲れ様でした。