「証言 それぞれの記憶」

下記の文章は満州開拓団に行った方の手記の抜粋です。
戦前戦中の国策に翻弄された揚げ句、壮絶な人生を送られた方は、いった何万人、何十万人いたことでしょう。
現政権の政治家はそんな時代に郷愁をいだき、「日本をとりもどす」なんてことを言っているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とうもろこしの畑から引っぱり出されてな、現地の若者たち数人に。持っとるこん棒で思いっきり暴力振るわれて。結局団長も男だから引っぱり出されて暴力ふるわれたわけだ。それで虫の息になちゃった。もう年寄りだから体力がないし。「もう俺はダメだ。苦しい、早く楽にしてくれ。もうダメだ、ダメだ」って言い出して、それで幹部の奥さんたちが話し合って、仕方ない、結局団長の息の根をとめてやるっていうことで話がまとまって。首を絞めて。「団長さん、さよなら」っちゅうわけで。

(中略)

続けておばさんたちが我が子の首を絞めだしたんです。このまま逃げたってどこまで逃げられるか分からんで、満人におもちゃにされてその揚げ句に殺されるよりはもう死んでしまおうと。潔く逝きましょうという気持ちがみんな働いて。「久保田さん、何やってんの。早く手伝ってくれないとまた暴力ふるわれるし、夜が明けちゃうから」ってお叱りを受けて…。一生懸命、子どもを殺すお手伝いをしたわけよね。

みんなお互いに子どもの首を絞めるんだが、小さい子どもは間もなく息が止まっちゃうけど、大きくなるにしたがって抵抗しちゃうわけよね。「日本が負け、お父さんたちのところへ行くんだよ」「はい」って手を合わせても、苦しいから自然に抵抗しちゃうわけよな。この繰り返し。それじゃ、子どもが苦しんで可哀想だちゅうわけで、紐を結んじゃって、その間にとうもろこしの茎を二本はさんでそれをねじっていくと息ができんから、うなだれて死んでいっちゃうんだけどな。

(後略)

「証言 それぞれの記憶」
女たちの集団自決 久保田諌さん
〜満蒙開拓平和記念館〜

ならんやろ

おそらく年収はウン千万以上はありそうな自営業の友人(おそらく維新支持者)と、「このままじゃ戦争にまきこまれるで」というような話をしたら「ならんやろ」と言われたことがある。

そうなんかなぁ。そりゃ、戦争にならんにこしたことはないが、すでにズタボロの憲法に安倍がトドメを刺そうとしているのが、今度の選挙なんやろし、自民の憲法草案のようなものがまかり通ってしまうのなら、戦争もありうるやろ。大義名分のもとの殺し合いなんて、世界を見れば珍しくもないのだから。

この写真を見て、どう感じられるか。自分の子や孫がこんな状況に陥ることを想像できるのかどうか。本当に想像したら気が狂ってしまうから、ほんの少しだけ共感してみても胸が苦しくなってしまう。

なので、どうか自民公明維新に投票する人がひとりでも少なくなればと願うばかり。

「風が吹けば桶屋が儲かる」はかなりバタフライエフェクト的であるが、仮に「自公維に投票すれば棺桶屋が儲かる」と表現すれば、それはあまりにも明白すぎるではないか。

海よりもまだ深く

切なくて胸が苦しくなるような映画だった。
とくに大きな出来事があるわけでもなく
ただ、なりたい大人にいまだになれていない大人を描いているだけだけど。
まるで、自分だ。

「あんたが種から植えたミカンの樹、こんなに大きくなったよ。
花も実もならないけどね。
でも、葉っぱに青虫なんかがいててね、なんかの役にたってるよ」

「『海よりもまだ深く』人を愛したことなんてないから
こんな毎日でも生きてられるんだよ」

樹木希林って、与えられた台本の台詞を言っているように思えない。
まるで彼女自身の言葉となって響いてくる。

まったく着地点を見つけることができないのは
自分だけなんだろうかと不安になるから
たぶん沁みるんだ、この映画は。

だから、何もかもうまくいっているあなたには
この映画は分からないと思う。