ならんやろ

おそらく年収はウン千万以上はありそうな自営業の友人(おそらく維新支持者)と、「このままじゃ戦争にまきこまれるで」というような話をしたら「ならんやろ」と言われたことがある。

そうなんかなぁ。そりゃ、戦争にならんにこしたことはないが、すでにズタボロの憲法に安倍がトドメを刺そうとしているのが、今度の選挙なんやろし、自民の憲法草案のようなものがまかり通ってしまうのなら、戦争もありうるやろ。大義名分のもとの殺し合いなんて、世界を見れば珍しくもないのだから。

この写真を見て、どう感じられるか。自分の子や孫がこんな状況に陥ることを想像できるのかどうか。本当に想像したら気が狂ってしまうから、ほんの少しだけ共感してみても胸が苦しくなってしまう。

なので、どうか自民公明維新に投票する人がひとりでも少なくなればと願うばかり。

「風が吹けば桶屋が儲かる」はかなりバタフライエフェクト的であるが、仮に「自公維に投票すれば棺桶屋が儲かる」と表現すれば、それはあまりにも明白すぎるではないか。