きゅうりの花

なにかもやもやする。
軽妙な会話劇で展開していくけど
孕んでいるものは、なにかずっしりと重くて暗い。
そしてそれを、カタルシスすることもなく幕は降りてしまった。