春に

突劇金魚 番外公演
『大大阪舞台博覧会 vol.2』参加作品(短編)
『春に』

Story…
一組の同棲中の男女。

男は目の見えない彼女の世話をし、本の読み聞かせをし、彼女の語る物語を代筆する。男はこの生活が永遠に続くと思っていたし、それを望んでいる。

そして、そことは別の、ある時代に生きる、一匹の生物。

彼は魚類が地球に誕生したころから生きていて
人類が誕生し、滅びていくのを見ていた。

彼は、いなくなってしまった「その種族」を懐かしみ
おそらく最後の人類にもらったラジオのモノマネをし続けている。

すべてのことは終わっていく。
そしてその上に次のものが積もっていく。

その境目のひとときを体験する物語。