仮説『I』を棄却するマリコ

I』ってなんなんだ。


インプット仮説
。これは、言語の学習者は彼らの現在のレベルより、僅かに高いレベルの言語のインプットを理解した時に進歩するとする。Krashenは、このレベルを「i+1」と呼び、「i」が現在の言語習得のレベルで、「+1」が次のレベルとの差分とした。

だとすれば、マリコは次のレベルに進歩したくなかったので、ウイングフィールドの窓から、ブロックを落としたのだろうか。いや、でも、マリコは監禁されていたのか。監禁されていたのは雄三ではないのか。だとしたら…。

いくつもの伏線が重なり合い、螺旋がごとく仮設が解かれる。香ばしい骨の香りが漂う周防町ウイング6階の一室。マリコは警察でさえたらし込むのだから、猫なんかじゃない、あれはきっと。