関数ドミノ

09年版をDVDで観た。
14年版よりも少しだけラストに希望があるそうだ。
確かに、「ドミノ一個」で耳から血を出して倒れた彼女を
彼は助けることができるのかもしれない、そんな余韻を残した。

しかし、ドミノを嫌い憎んできた彼が
彼自身がドミノであったことに気づいてしまい
今後、彼はどう変貌していくのだろう。

彼自身が言っていた。
ヒトラーはドミノであると。
ドミノは神であると。

僕は思う。
彼を覚醒させてしまったのだから
その後の世界にも決着をつけるべきだと。
作家こそが、その世界の神なのだから。