いのちをつなぐ~纐纈あやさん~

「祝の島」監督の纐纈あやさんにお会いしてきた。上映会の後の講演会や交流会でたっぷりとお話を聞かせて頂いた。映画は今回で三回観たことになるが、観 るたびに感動があり、とても心地よくなる映画である。昨年、神戸で小出裕章先生と纐纈あやさんとの講演会で、初めて彼女のお話を聴き、その時から是非もう 一度お話を聴きたいと思っていたところ、なんと今回、居酒屋で隣に座ってお話を聞けることになり、夢にも思っていない幸運が訪れた。

今 まで色んな方にお会いしてきて、“ホンマもん”の人ほど腰が低く、威圧感がないということを経験してきたのだけれど、やはり纐纈さんもそんな人だった。と ても明るく気さくでお酒が好きな人だった。そしていっぱい喋りながらも、自分から遠く離れた席に座っている人のグラスが空いていることに気がつく気配りの 細やかな人だった。

祝島には日本一の棚田がある。纐纈さん曰く、祝島の奥のほうにあり、一時間ほどかけて歩いて行くと急に視界が開けて、そこには天空にそびえる城壁のような棚田が見えてくるそうだ。纐纈さんはその棚田が大好きで、棚田だけで一本映画ができるほど撮影をしたそうだ。

そこでは平萬次さんという方が70年間、米作りをしている。その萬次さんの祖父の亀次郎さんが、一生をかけて直径1メートル以上もあるような岩を積み重 ね、数段の巨大な棚田を作ったのだ。亀次郎さんは、孫の世代の頃には農業も機会化されて大きな面積が必要になるだろうと考えて、当時の常識では大きすぎる ような棚田を作ったそうだ。しかし、その次の世代には原野に戻っているだろうとも言っていたようだ。

祝島の人たちは、目には見えない人 たちの話しをよくするという。もう亡くなってしまった人たち、そしてこれから生まれてくるだろう子どもたちの話をする。今ある命は、過去からえんえんと受 け継がれてきたからこそ存在し、そして未来につなぐために命があるということなのだろう。だから、祝島には日本一の棚田があり、そして原発に30年間も反 対し続けているのだ。

それに対して、原発の存在そのものはなんて刹那なものなんだろう。今この瞬間の享楽のために、未来を確実に壊している。

纐纈さんは、「映画は目に見えないものを伝えるためにある」と言った。とても素敵な言葉だ。今は、目に見えないものがどんどん切り捨てられて、数字が要求 される世の中になりつつある。そんな現代に警鐘を鳴らし続けていってほしいし、僕もなんらかの形で応援していきたいと強く思った。纐纈さんから元気をたく さん頂いた。感謝!