ガザの悲劇は終わっていない

ガザの悲劇は終わっていない―パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕 (岩波ブックレット)
ガザの悲劇は終わっていない―パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕 (岩波ブックレット)
土井 敏邦

昨年末から今年の一月半ばまで続いたイスラエルのガザ攻撃の報道で、悶々とした気持ちで報告会などに何度か参加していたが、いつのまにかネットでも情報を得ることもあまり出来なくなっていた。しかし、最近、イスラエルが再び入植地を拡大すると発表したり、国連の「双方に戦争犯罪」という報告書が出たり、イランの大統領が「国際社会がイスラエルに罰を科すべきだ」と主張したりと、パレスチナ関連のニュースを目にすることが増えてきた。

で、土井敏邦さんの「ガザの悲劇は終っていない」を読んだ。2009年1月8日から2月19日までの、ガザ地区とイスラエルでの取材報告だ。イスラエル兵の非戦闘員に対しての残虐な殺戮の場面が数多く報告されている。

120人ほどの一族がひとつの建物に押し込められミサイル攻撃を受けたり、家の中に侵入してきた兵に夫と子どもたちを目の前で銃殺されたうえ金品を盗まれ家具に火を付けられたり、白旗を持って家から出た2歳半と7歳の子どもとその祖母が、銃弾を浴びせられ、その後、救急車を要請したもなかなか出動してくれなく、やっと来たと思ったら、戦車で踏み潰され、あげくの果て、親は子どもを抱いたまま逃げ出すが、体から内臓がこぼれだし・・・

イスラエルの一部の人たちは、自分たちが行っていることの不道徳さに気付き始めてはいるが、大半のイスラエル人は、ガザ攻撃は当然の報いだと信じてやまない。国連も、「双方に戦争犯罪」ということで決着を付けようとしている。

土井さんはあとがきで、『世界のメディアがガザの状況をほとんど伝えなくなった今、国際社会は「もう”ガザ攻撃”の問題は終わり、平和が戻った」と胸を撫で下ろしているかもしれない。しかしすべてを失い、将来、生活が改善される見通しも、問題解決の展望もまったく見えないガザ住民の失望や怒りは、その心の奥底に確実に鬱積しつつある。そしてそれが臨界点に達して爆発したとき、それは中東という一地域に限らず、全世界を震撼させる事態に発展するかもしれない。」と書いている。

西谷文和さんも「戦場からの告発」で、アメリカとイランの対立によって、イランはハマスやヒズボラを通じてイスラエルを攻撃させる可能性もあり、そうすると第三次世界大戦に発展していくだろうと書いている。

そして今、次のような記事が発表されている。
「イランの核問題で、アメリカ・オバマ大統領は9月25日、軍事行動の可能性を示唆し、強い姿勢でイランに警告している。」と。