被差別部落の青春

被差別部落の青春 (講談社文庫)
被差別部落の青春 (講談社文庫)
角岡 伸彦

題名から、小説なのかなと思ったら、ルポタージュだった。筆者の経歴を見ると、同じ時期に同じ大学にいたことになる。本書を執筆するにあたり彼自身が部落出身であることをあかして、百人以上の人に取材をしたそうだ。

僕自身も「部落問題」については何か釈然としない違和感を感じていたのだが、この本を読むことにより、少しすっきりしたような気がする。部落問題の歴史を「水平社宣言」を中心に勉強しなければならないと思うし、日本にもこんな歴史があったことは知るべきだと思う。でもその頃にあった差別がそのまま今も残っているはずはなく、でも、差別がなくなっているとも言えず、でも有効に使われているとは思えないお金のばら撒き方に疑問を感じていたり・・・。

この本の著者自身も差別をほとんど経験したことがなく、本に登場する被差別部落の若い世代の人たちも、差別を感じたことがないと答える人が多かった。これは、差別と闘ってきた人たちの成果がここに現れているのだと思う。日本も捨てたもんじゃないと思った。でも、調査会社に、部落出身であるかどうかの依頼はまだまだ絶えていないそうだ。特に同和教育が盛んに行われてきて地域に多いそうだ。また調査を依頼してくる人の中には、同和問題に携わっている人もいるとか。

「差別と日本人」のシンスゴさんの書いた文章もそうであったが、『悲惨な差別の実態の強調が、あたかもすべての部落の現実であるかのような印象を与えてきた。』と書かれている。確かのそのほうがインパクトもあり、被差別者の心情が伝わりやすい。『部落の描かれ方は、差別がまだまだ厳しいという悲観論か、さもなければもうなくなっているという楽観論のぢちらでしかなかった。』筆者は、その間を描きたかったそうである。その真意は充分伝わった本であった。