ザ・イースト

だますアホゥにだまされるアホゥ♪
おなじアホならだまさな損損♪
ってな感じの世の中やね、今や。

もう矜持など持ち合わせてない。
理想も何もない。
ただお金があって、贅沢できればいい
ってな感じやろな。

ハリウッド映画だけど、なかなかオモロイ映画を観た。
テロリストの中に潜入操作する民間のエージェントの話だ。
テロリストもアルカイダのようなものではなく
環境破壊などをする大企業にお仕置きをするようなグループで
一般市民にとっては胸のすくような話でもある。

その映画の一場面は、どこかで聞いたことのある話をアレンジしたものだった。

潜入に成功した調査官が食事に招待される。
しかし、拘束着を着用させられて食堂に連れられていくのだが
全員同じ拘束着を着ている。
スープに大きくて長いスプーンが入っている。
捜査官から「先に食べなさい」と勧められる。
捜査官は、口で大きなスプーンを横に退けて、さらに口で皿を手繰り寄せて、犬のように食べようとするのだが、みんなの冷たい視線を感じて諦めてしまう。
テロリストたちが食べ始める。
彼らは、その長いスプーンを咥えて、隣の人のスープをすくい
そしてそれをその人に食べさせたのだ。
お互いに食べさせ合うことによって、その食事会が成立する。

私達の生活がそうであれば
そして社会が、国々が、そうであれば
どんなに平穏に暮らせるだろうなぁ…